アジア各国の調味料・香辛料・野菜・冷凍食品のアメ横センター野澤屋 nozawaya

人気食材ガイド


超激辛! 世界一辛いハバネロペッパー

メキシコ原産の超激辛唐辛子、ハバネロ

 昨今の「辛い物ブーム」の影響で、ハバネロの名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

ハバネロは、まるで果物の1種のような、丸っこい可愛らしい形をした唐辛子です。熟し方によって緑→オレンジ→赤という段階で色が変わり、完熟の赤いものほど辛味も強くなります。

 食べ物の辛さを示す度合いとして、テキサスの農業大学のスコヴィル氏の定めた測定法があるのですが、その測定法によればハバネロペッパーの辛さは100000〜300000スコヴィル(辛さの単位:スコヴィル)もあるそうです。ちなみに我々が「辛い」といっているタバスコでさえ、たったの2500〜5000スコヴィルだそうですので、ハバネロは相当辛い代物であるということですね。

 世界には3000種類もの唐辛子が存在しますが、このハバネロペッパーはそれらの中でも特に群を抜いてカプサイシン(辛味成分)が多く、従って「世界で最も辛い唐辛子」と呼ばれているわけです。実物を前にすれば分かりますが、もうハバネロの匂いを嗅いだだけで、顔が熱くなってくるほどです。

 そんなに辛い唐辛子ですから、扱う際には注意が必要。例えば、普通の唐辛子のつもりで素手で調理したりすると、後で手がヒリヒリと痛痒くなってきます。その手で目を擦ろうものならもう大変。・・・ハバネロを扱う時には、最低でも手袋くらいは装着しておきましょう。

 当店では、生の状態のハバネロペッパー・及び冷凍のハバネロペッパーを取り扱っております。いずれも丸ごとのままの状態です。時期により在庫の状況が変わりますので、詳細は当店までお問い合わせ下さい。  しかしながら、ハバネロペッパーを丸ごと料理に使うことはあまりありません。理由は簡単、辛すぎて食べられないからです。使う際は、ほんの1カケラを刻んで、料理に混ぜるようにします。それで充分辛いのですから・・・。

 その他、ハバネロを使用したサルサソースや酢漬けも取り扱っていますので、辛いものの好きな方は是非1度挑戦してみては如何でしょうか?

臭いのに美味しい!? 臭腐乳

中国が生んだ「最終兵器」、臭腐乳

「臭い食べ物」にも色々ありますが、この臭腐乳はレベルが違います。 何しろ、まだ未開封の状態ですでに臭っているのですから! まぁ、そもそも腐乳というものは「豆腐を塩水ベースの発酵液に漬け込んだもの」ですから、イメージ的になんとなく「発酵臭がするんだろうな」とは予想できるかもしれませんが、それにしてもこの臭い! そしてこの見た目! 何も聞かされないでこれを見たら、多分「食べ物だ」とさえ思わないことでしょう。

 一体どんな感じなのかというと、まず色からしてヤバイです。左の画像を見て下さい。何色ですか? 豆腐をどのように発酵させれば、こんな色になるのでしょうか?  この明らかにヤバイ液体の中に、ドロ〜リと崩れかかったブロック状の豆腐が浸かっているわけですが、よく見ると何やら斑点のようなモノが見えたりして、これから食べようとする者の心に直接警告を与えてきます。

 この時点で殆どの人は「臭いし、見た目もアレだし、辞〜めた」と諦めたくなると思います。しかし、勇気を出して、まずは少しだけ食べてみて下さい。ちょっと塩辛いので、ほんの1カケラだけを削り取って食べてみて下さい。  猛烈な悪臭がありますが、1度口に入れてしまえば臭いは比較的気にならなくなります(個人差はあるでしょうが)。

 この独特の味と臭いがある為に、非常に極端に好き嫌いが分かれますが、慣れるとヤミツキになる人も多いです。そう、臭腐乳は罰ゲームでも何でもなく、皆わざわざお金を払って購入する「美味しい食品」なのです。    そんな臭腐乳の使用方法ですが、一番手っ取り早いのが「そのまま食べる」というもの。これ1カケラで紹興酒が1杯イケてしまうとも言われるほど、美味しいものだそうです。他にも油で揚げたり、お粥の中に少量入れたりして使う方法もあります。

 なお、臭腐乳とよく似た食材として「臭豆腐」というものも有名です。臭豆腐は台湾などの屋台で見られる食べ物で、厚揚げのように揚げて食べます。これも臭腐乳同様「臭い食べ物」ですが、両者は似て非なるもの。ただ、中国の北部では「臭腐乳」のことも「臭豆腐」と呼んだりするので、よく混同されがちです。  当店で扱っている臭腐乳は、中国北京産のもの。上記の理由でラベルの名前が「臭豆腐」になっていますが、中身は臭腐乳です。

 ちなみに、当店では臭腐乳以外の腐乳も取り扱っていますが、これらの腐乳は総じて「臭い」というほどのニオイはありません。塩辛いのは同じですが。おつまみに、鍋や麺類の味付けに、そして炒め物の調味料に、是非1度試してみて下さい。

記憶力を改善する! 最高級スパイス・サフラン 

1kgで○十万円! 世界一高価な薬用スパイス

 サフランは、10〜11月に淡い紫色の花を咲かせるアヤメ科の花です。この花のうちスパイスとして使えるのは、1つの花に3本しか生えてこない雌しべの部分。・・・いや、実際は1つの花に生える雌しべは1本だけで、それが先端で3つに枝別れているわけですが、まぁ先端部分だけを使うのですから「1つの花で3本」と考えて問題ありませんよね?

 とにかく、そんな吹けば飛ぶような軽い雌しべですから、もしこれを1kg集めようと思ったら150000〜170000本くらいの花を用意しなければなりません。考えただけでも気の遠くなるような数字ですね。もちろん、雌しべだけを集める手間も相当なものです。

 その為、サフランは遥か古代から「最も高価なスパイス」として知られてきました。 ただ、サフランは他のスパイスと違って「ごく少量」で効果を発揮するので、1回の料理に使う量も非常に僅かなもので済みます。大切に大切に、ゆっくりと使っていって下さい。

 サフランには、クロシンという成分が含まれています。このクロシンは水溶性の物質で、例えばサフランを水に浸しておくと、鮮やかな黄色に染まります。  この美しい黄色がサフランの特長で、あらかじめ水やお湯で色を浸出させてから料理に使用します。インドカレー屋などで目にする「サフランライス」や、サフランで淹れたお茶「サフランティー」など、用途は様々。  また魚介類によく合う特有の芳香があり、パエリアやブイヤベースなど、スペイン料理・フランス料理にもよく使われます。

 サフランのもつ薬効には色々ありますが、中でも最近特に有名になっているのが「記憶力の改善」でしょう。  人間の脳には「海馬」と呼ばれる器官があります。これは人間の「記憶・学習能力」に深く関係する器官で、目や耳から得た情報を統合・整理・削除する働きをする、非常に重要な場所です。  この海馬にサフランの含有成分クロシンを与えると、海馬の電気信号の働きが活発になり、頭脳明晰・記憶力改善といった効果が現れるということが知られています。

 またサフランには、「グッスリと眠れるようになる」という入眠効果があることも研究で判明していますが、それは催眠薬のような効き目ではありません。サフランには前述したように「頭脳明晰」という効果もあるわけですから、要は起きているときには頭をスッキリさせ、寝ているときには深く眠らせてくれる・・・、つまるところ「脳の活動バランスを正常にする」ということなのかもしれません。

美肌効果抜群! 亀で作ったゼリー「亀苓膏」 

亀ゼリー関連商品

叶姉妹も愛用。コラーゲンで美肌効果

 「亀苓膏」と言われてもあまりピンとこない人も、「亀ゼリー」という名前なら聞いたことがあるのではないでしょうか?  香港で大人気のこのゼリーは、中国広西省・梧州の山に生息するスッポンの一種、ツチガメ系の「金錢亀」の腹甲(亀の腹の皮を干したもの)を使って作られたデザートです。

 この「腹甲」には体内の余分な熱・毒素・不純物を排出する効果があるので、亀ゼリーを普段から食べることによって「体を内側から浄化できる」、と言われています。  また、亀の持つ解毒作用により、お通じがスムーズにもなるとか。  更に、スッポン鍋などを食べたことのある人は知っているかもしれませんが、亀の腹甲にはゼラチン質がいっぱい。そこに含まれているコラーゲンは、美肌効果があることで有名ですよね。

 つまり、亀ゼリーには「体を内側からキレイにする」「お通じがスムーズになる」「コラーゲンで健康肌になる」という3つの働きがあるわけで、これはもう深く考えるまでもなく美容健康食品として流行するのも納得できます。

 真っ黒い外見と「亀が入っている」というイメージから、日本人はナナメに構えて見てしまいがちですが、亀は完全に粉末にされていますし、甘く味付けもしてあるので安心して食べることができますよ。  また、当店では通常の亀苓膏の他に「ナタデココ入り亀苓膏」も取り扱っています。ほんの少し苦味のある亀苓膏ですが、美容と健康のために是非1度試してみては?

中国茶で花粉症対策 

花粉症を科学的に分析!

 多くの人が毎年悩まされている花粉症。春先には花粉症対策グッズが店先に並べられ、それを買い求める人の姿があちこちで見られます。

 そんな忌まわしい花粉症ですが、その発症のメカニズムを科学的に分析したところ、なんと「中国茶が花粉症に効く」という結果が出たというのです。  ここでは、某TV番組で「花粉症に効く」と紹介された2つの中国食材について書きたいと思います。

1.凍頂烏龍茶

 台湾中部の南投県鹿谷郷名産の烏龍茶「凍頂烏龍茶」。  ほのかな甘み、爽やかな後口が特長のこのお茶に含まれる「メチル化カテキン」という物質が、花粉症の諸症状の元凶である「IGE抗体」の働きを抑制してくれるのだそうです。

 「IGE抗体」というのは、くしゃみや鼻水、痒みなどの原因となる「ヒスタミン」の元。ヒスタミンは鼻や口などの粘膜から吸収されやすく、花粉症の直接の原因といっても過言ではありません。  8gの茶葉+300mlのお湯で煎れた凍頂烏龍茶を 1日3回1週間飲み続けたことにより、このヒスタミンが減少した、というのが番組の内容でした。

 またこのメチル化カテキンは即効性に優れており、すぐに楽になれるのだとか。朝の目覚めの一杯に、また食事や間食の際に、この凍頂烏龍茶で心身共に爽やかになってみては如何でしょうか?

2.棗(ナツメ)茶

 滋養強壮効果があるとして、漢方の世界では有名な棗。薬膳料理などに使われたりもするので知っている方も多いかと思いますが、この棗も花粉症対策に効果があるのだそうです。

 花粉症は、体内のリンパ球が花粉に過剰反応し、必要以上に大きな抗体を作ろうとすることから起こります。リンパ球が暴走した結果、前述したヒスタミンや好酸球が大量に出てしまい、それが鼻水・鼻づまり・目の痒みを引き起こすのです。  しかし、棗に含まれる成分「フルクトピラノサイド」が、アレルギーを引き起こす抗体がリンパ球によって作られ過ぎないよう抑制する働きをし、その結果花粉症の様々な症状を抑えられるというわけです。

 当店では薬膳料理用の食材として、乾燥した棗を取り扱っております。  そのまま食べても、薬膳に使っても美味しく食べられますが、花粉症対策として常用するならもっと手軽に摂取できた方が望ましいでしょう。

   そこで、この乾燥棗を使って「棗茶」を作る、というのは如何でしょうか? よく洗ってから鍋やヤカンで煮出すだけでできるので、大量に作り置いて毎日飲めば、花粉症に強い体質作りに役立つかも。  お好みで氷砂糖や生姜などを加えれば、もっと美味しく飲むことができます。

更年期障害を予防 インドネシア納豆「テンペ」

臭くない・粘らない、新しいタイプの納豆

 テンペはインドネシアの伝統的な食品で、大豆の煮豆をバナナの葉で巻き、「テンペ菌」で発酵させて作ります。日本の「納豆」と作り方が似ているので「インドネシア納豆」と呼ばれることも多いですが、実は納豆とは似ても似つかない代物なのです。  日本の納豆と違って、嫌な発酵臭もなければ、ヌルヌルと糸を引いて粘ったりもしません。味にクセもなく、塩や醤油などの色々な調味料によく合うので、非常に使いやすい食材です。乳幼児から高齢者まで、誰でも安心して食べることができます。

 様々な効果をもつ健康食品としてテレビでも度々紹介されたテンペですが、中でも特に「更年期障害に効く」というのがテンペの最大の売りでしょう。  女性ホルモンのバランスを整え、更年期障害に効くと言われる「大豆イソフラボン」。名前の通り大豆製品全般に含まれる成分ですが、テンペに含まれている大豆イソフラボンの量は桁違い。味噌汁なら15杯も飲まなければ摂取できない「1日の必要量」を、テンペならたった50gで摂れてしまうのです。

 体に良いと定評のある大豆で作られたテンペですが、原料の大豆と比べるとなんと20〜200倍もの栄養価があるのだとか。200倍って、ちょっと凄くないですか?  また、大豆には消化されにくいという欠点がある(大豆に含まれるタンパク質の影響)のですが、テンペの場合は発酵していく過程でタンパク質が分解されるため、大豆に比べて消化率がグンと上がっています。ついでに食物繊維も増えているので、便秘気味の方には心強い見方になってくれそう。

 それだけではありません。テンペには、必須アミノ酸やビタミンB群(疲労回復)、リノール酸(動脈硬化の予防)、レシチン(血中コレステロールを抑える)、サポニン(脂肪の代謝促進)などの健康成分もたっぷり含まれているのです。  また、テンペ菌が大豆のタンパク質を分解する際に「GABA(γ-アミノ酪酸)」と呼ばれる天然アミノ酸が作り出されるのですが、このGABAには脳の血流改善、血圧降下、精神安定、腎・肝機能活性、アルコール代謝促進などの働きがあるのです。

 ・・・どうですか? こんなに何から何まで健康作りに役立つ食品も珍しいのではないでしょうか?  更年期障害にはもちろん、コレステロール値の低下、動脈硬化、くも膜下出血、高血圧、糖尿病、貧血、冷え性など、様々な現代病に効果のあるテンペ。強い抗菌性・抗酸化力をもたらし、癌を予防し、血栓を溶解し、イライラを抑え、神経を鎮め、中性脂肪を抑制する効果のあるテンペを、あなたも1度食べてみませんか?

 よく「調理方法が分からない」という質問を頂きますので、本場インドネシア人のお客様に簡単な食べ方を教えて頂きました。  まず冷凍状態のテンペを自然解凍した後、5mm幅くらいにスライスします。次に、熱したフライパンに油をひいて、キツネ色になるまで焼いて終了。もしくは天ぷらのように揚げてもOKです。その際、衣をつける必要はないとのことです。  醤油、塩、マヨネーズなど、殆どの調味料・たれ・ソースに合うので、好みの食べ方を研究してみては如何でしょうか?

ツバメの巣がインフルエンザに効く!

燕窩のど飴関連商品

自然界でNo.1 ケタ違いのシアル酸含有量

 燕窩(えんか)と呼ばれる海ツバメの巣は、中華料理の高級食材としてあまりにも有名です。海岸の絶壁の高い位置に作られた巣を、職人が命がけで採っているという話は、誰でも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?  この海ツバメの巣は中国で「滋養強壮や美容に効果がある」と言われている食材ですが、最近になってこれが「インフルエンザの予防に効果的である」ということが分かりました。

 一体どういうことなのかというと、インフルエンザが人間に感染する仕組みに秘密があります。  インフルエンザウィルスが人間に感染する場合、まず鼻腔や咽頭粘膜表面の上皮細胞にある「シアル酸」を受容体として認識し、吸着することで細胞内に侵入します。侵入したウイルスは細胞内で増殖した後、再び細胞表面から出ていきます。  このとき、細胞表面にあるシアル酸と新しく出来たインフルエンザウイルスが結合すると感染力を失ってしまうのですが、インフルエンザウイルスは「シアル酸を分解する酵素(ノイラミニターゼ)」を持っており、この酵素を使って感染力が失われないようにしているのです。  このため、ウィルスが体内で増え続け、インフルエンザの症状がでるわけです。

 ここで出てきた「シアル酸」という物質は、あらゆる動物の細胞表面に多かれ少なかれ存在している物質で、ウィルスや病原菌の感染から身を守り、各種の炎症を鎮める働きをもつ、ありがたい物質です。インフルエンザの場合も、シアル酸がウィルスを取り込んで感染力を打ち消してくれるからこそ、簡単には感染せずに済んでいるのです。

 そして、このシアル酸を多く含んでいるのが、海ツバメの巣なのです。  シアル酸は色々な食べ物に含まれていますが、その量は微々たるもの。免疫力を上げる効果で知られるローヤルゼリーが50mg/100g 、シアル酸を多く含むことで知られる「卵のカラザ」でさえ、180mg/100g なのに対して、海ツバメの巣のシアル酸含有量は10000mg/100g と桁違い。  ちなみに人間の体内にあるシアル酸は6mg/100g 程度だそうですので、いかにツバメの巣の含有量が驚くべき数値であるか分かりますよね?

 しかしこの海ツバメの巣を、どのようにして摂取すれば良いのかが難しいところ。ツバメの巣を使った中華料理なんて、誰でも手軽に作れるようなモノではありません。そこで、テレビで紹介されたのが「燕窩のど飴」です。のど飴なら簡単に作れるし、いつでも摂取できるので便利ですよね。  以下、「燕窩のど飴」のレシピを紹介します。

材料(約50個分)
      水100cc、水飴60g、砂糖140g、海ツバメの巣2g
作り方
      ・ツバメの巣(2g)をミキサーで粉末にする
      ・ふるいにかける
      ・100ccの水を加え、冷蔵庫で一晩おく
      ・水飴を60g加え、
      ・砂糖140gを鍋に入れ、ツバメの巣と水飴を入れる
      ・鍋を強火で、かき混ぜながら、粘り気が出て薄茶色がつくまで煮詰める
        (強火で約4分)
      ・氷の上にアルミ容器を用意、手早く流し込む
         (注)・固まらない場合は水分が多いのでもう一度火にかけて水分を
            飛ばす。

 この「燕窩のど飴」だと、インフルエンザ予防接種ができない方でもシアル酸の摂取が可能。インフルエンザの予防・対策に、是非1度お試し下さい!

驚異のアミノ酸パワー! 鎮江香酢

真っ黒い酢が、ダイエットに効く!?

 「中国黒酢」とか「香酢」とか呼ばれるこの真っ黒な酢。ダイエット効果があるといって最近ブームになりましたね。確かに、酢が体に良い調味料であることは有名な話ですが・・・、ではこの鎮江香酢は、普通の酢に比べて何が違うというのでしょうか?

 中国では、いろいろな地域で黒酢が造られています。が、中でも特に良品として名高いのが鎮江(江蘇州・長江下流にある都市の名前)で造られた黒酢です。温暖な気候条件、そして古来から伝わる特殊な甕・・・。鎮江産の黒酢は、その品質の良さから「香酢」と呼ばれるようになりました。

 この香酢には、日本産の黒酢に比べて何倍ものアミノ酸が含まれています。アミノ酸とは、人間の体の元となるタンパク質を作り出す重要な存在。筋肉も、皮膚も、血液も、アミノ酸が作り出したタンパク質でできているのです。  もし、このアミノ酸が不足すれば、人間の体はタンパク質を補うことができなくなります。筋肉は弱くなり、肌は荒れ、血液はドロドロに固まって血管を塞ぎます。老化と同じようなものですね。

 そんな大切な役割をもつアミノ酸には、実に20もの種類があるのです。中には食事でしか補えない特殊なアミノ酸(必須アミノ酸という)もあって、これらをバランス良く摂取するのは至難の業。  しかし安心して下さい。鎮江香酢には20種類のアミノ酸のうち、なんと18種類がバランス良く含まれているのです。先に述べた「必須アミノ酸」も、ちゃ〜んと含まれています。・・・しかしここまでいろいろなアミノ酸が豊富に含まれた食材も珍しいですよね?

 また、酢には「血液をサラサラにする」という効果もあります。血液がサラサラになることによって全身にまんべんなく栄養が行き渡るようになり、様々な良い効果が得られます。動脈硬化・心筋梗塞などの予防にもなるでしょう。  それだけじゃありません。他にも、新陳代謝を活発にする・血圧の正常化・コレステロールや血糖値を下げる・肝機能改善・疲労回復・食欲増進・体脂肪の燃焼・便秘の治療など、香酢の効き目はとどまる所を知りません。そして、これらの効果が続くことにより体内の老廃物は排除され、脂肪は減り、体がスッキリと軽くなり・・・、それがつまり「ダイエットに効く」ということなんですね。

 最近はデパートや通信販売などで「蜂蜜入り」だとか「カプセル・錠剤」などという香酢が出回っていますが、どれも値段が高いです。  香酢は、もっと身近な食材です。塩や砂糖と同じ感覚で、中国ではありとあらゆる料理にふんだんに使われているのです。こちらは値段も手頃なので、台所に常備しておくことをお奨めします。  ただし鎮江香酢には、塩分が多く含まれています。普通の酢のつもりでドバドバかけると、塩っぱくて大変な目に会うので気をつけて下さい。

 一般的な使い方としては、水餃子や小籠包の付けダレが基本でしょうか? 上海蟹を食べる際に使ったりもします。また、焼きそばなどの炒め物にかけたり、煮物などにも使うことができるのだとか。料理に使う自信のない方は、ジュース割りにして飲むこともできます。オレンジジュースが特に相性がいいですよ。

   普段から日常的に鎮江香酢を使って、健康的な体の維持を心がけましょう!

場所

JR上野駅・御徒町駅、京成上野駅、
東京メトロ上野駅から徒歩で約5分。
アメ横センタービルの、地下1階です

お問合せ

TEL:03−3833−5212
FAX:03−3831−5296
e-mail:buy@nozawaya.com

営業時間

10:00 〜 20:00

定休日

毎月第3水曜日、1月1日

Copyright (c) 2006 野澤屋 All Right Reserved.
ホームページ制作はラスホート